大きく成長して引っ込まなくなる前に家で痔を治療・改善する

いぼ痔が引っ込まなくて悩む女性

いぼ痔がだんだんと大きくなっていませんか?いまは指で押し込むことができても、だんだんと引っ込みがきかなくなってきます。

 

もし今いぼ痔が引っ込んだとしても、あるときからスポーツをして開脚したとき、重いものをあげるためにいきんだとき、くしゃみをしたときなど、肛門付近に力をいれた瞬間に飛び出してくる日がくるでしょう。

 

私が手術でいぼ痔を切り取る前は、排便時にヒョコッと顔を出したものをウォシュレットで掃除をしてから引っ込ませていました。ウォシュレットがないトイレで排便したときは最悪でした。ペーパーが直接いぼ痔に当たるので、だんだんと傷ついて痛みが増していくのです。

 

そしてとうとういぼ痔が引っ込まなくなりました。更なる痛みがともなうようになり、つちに、学生時代に切り取り手術を決行したのです。当時は恥ずかしさが勝り病院で診察をしていなかったので、いぼ痔が着実に肛門内部で成長しておりました・・・。

 

痔に関する正しい知識をつけたいま当時を振り返ってみると、手術前に家でいぼ痔を治療・改善することができたかもしれないなと・・・。肛門科で有名な病院へ行ったのですが、医師は流れ作業のように次々に患者をみていて、私のときも家で治療するための具体的なアドバイスも無く「手術して治しましょう」と診断されました。そして手術決行、2週間ほど入院して無事に退院しました・・・。

 

私が経過観察や家で治したり緩和したりする方法を聞かなかったこともあるのですが、ウブな私をみて「もう少し親切なアドバイスをいただけても良かったのでは?」なんて思ったりもします。

手術する前にやるべきことがある

痔の治療を提案する女性

幸いなことに、最近は家で痔を治療したり改善できる方法が紹介されていますね。そもそも痔は切り取っただけでは完治することなく、人によってはすぐに再発します。いぼ痔の切り取り手術では根本原因を解消することにならないのです。

 

一方、自宅で引っ込まないいぼ痔を治療・改善する方法は、痔の発生と成長の原因である、「直腸下部の血行不良」「肛門周辺の筋肉のこわばり」「自律神経の乱れ」を一つ一つ消していく方法です。これら3つのいぼ痔の原因の詳細についてはあなたの痔の本当の原因はなに?にまとめました。

 

家でなかなか引っ込まないいぼ痔を一人で治すために、肛門周辺を温めたり、市販薬を塗ってみたり、食生活をいぼ痔に負担をかけないものに変えてみたり、いろいろなことを試しているかもしれません。

 

しかし、これらは気休め程度にしかなっていないでしょうか。しばらくしたら、ヒョコッ!と顔を出して、だんだんと痛みをともなうようになります。

 

一人家でいぼ痔を治療・改善するには、あなたがいぼ痔になった本当の3つ原因を理解して、一つずつ着実に解消していくことをオススメします。いぼ痔の根本を消さない限り一生涯悩まされつづけることさえあります。

 

先に紹介した「あなたの痔の本当の原因はなに?」の記事は痔の治療で有名な千里堂治療院 総院長 三浦真人氏の発表を参照・一部抜粋したものです。その三浦総院長がなかなか引っ込まないいぼ痔を家で治療・改善する方法をまとめていますので、よろしければ根本解消のためにお役立てください。

 

>>三浦総院長が開発した引っ込まないいぼ痔を家で治療・改善する方法はこちら<<

 

 

 

 

 

 

なかなか引っ込まないいぼ痔を家で治療・改善する方法関連ページ

家でいぼ痔の痛みを抑える方法
耐え難いあの痛み。でも病院へ行くのは恥ずかしい。そんないぼ痔の痛みを家で抑える方法を紹介します。
家でこっそり痔を治す方法
恥ずかしくて病院へ行けず痔の痛みに悩んでいる方へ。家でこっそり痔を治す方法を紹介します。
いぼ痔が引っ込まず痛いときの応急処置
実体験をもとにいぼ痔が引っ込まないときに痛みを和らげる応急処置を紹介します。
いぼ痔・切れ痔になる3つの原因と一人自宅で治せる理由とは?
裂肛(切れ痔)、痔核(いぼ痔)になる共通した3つの原因があります。それらを知り原因解消に努めれば、家で一人、効果的に痔の治療をすすめることができるのでご安心ください。
いぼ痔の手術で入院せず、一人で治す方法
いぼ痔を手術で切らず、自宅で治す方法
いぼ痔の正体「うっ血」を予防する超簡単かつ効果的な方法
いぼ痔の正体は肛門近辺に溜まる、静脈由来の「うっ血」です。お尻に負担をあたえることにより生じる圧力が原因となっています。これを未然に防ぐ超簡単かつ効果的な方法をご紹介します。