なんとか家でいぼ痔の痛みを抑えたい

女性を中心に、なかなか病院へ行けずにいぼ痔の痛みで悩んでいる方は多いです。こちらで紹介した内痔核と外痔核のいずれも、市販薬で一時しのぎはできるのですが、ある日突然に腫れ上がることもあり、痔主さんを苦しめ続けます。

 

でもご安心くださいね。むかしと違い、家でいぼ痔の痛みを抑える方法がたくさん公開されています。それらをまとめてみたので、ぜひお試しくださいね。

 

肛門周辺をあたためる

こちらで紹介した痔の本当の原因の一つが、直腸下部の血行不良です。これは肛門から下腹部周辺までが冷えておこるものです。

 

冬になるといぼ痔がいたむことはありませんか。また同じ姿勢をキープしていると、いぼ痔がジンジンと傷むこともあるでしょう。これらは血行不良によって、いぼ痔に悪影響がおよんでいるサインでもあります。

 

血行不良による痛みを抑える方法が、患部をあたためることです。お風呂にゆっくりとつかったり、湯たんぽやホッカイロなどで衣服の上からあたためるだけで和らいできますよ。また、スポーツで血流をよくすることもおすすめで、痛みを抑えることはもちろん、いぼ痔の成長・悪化を抑えることもできます。

 

市販薬に頼る

私は内痔核を手術で切り取る前に何度も試したのですが、全く効きませんでした。ただ、症状が軽い場合には効き目を実感できるようですし、痛みの緩和にはなるので、有名な市販薬を試してみるのもいいですね。

 

食事の改善

便の状態を整えることが目的です。毎日排便するので、便はいぼ痔にかなりの負担をかけています。便秘で硬くなったとき、排便するのが億劫になりますよね。億劫になると自律神経の働きに乱れが生じ、さらに便秘を悪化させることもあります。

 

また下痢もいけません。こちらで紹介した痔ろうの原因になります。いぼ痔の痛みに耐えられない方の中には軟便剤で一時しのぎを繰り返す場合があります。こんなことしていても着実にいぼ痔は成長していきますし、健康に悪影響をおよぼすだけです。

家でいぼ痔を治療・改善する方法

いぼ痔の痛みを抑えるだけで一時しのぎをつづけていても、着実に成長を続けて手術を必要とするときがきてしまいます。どうしても病院へいくのが恥ずかしいなら、本格的に家でいぼ痔を治してみませんか。

 

すでにいぼ痔の本当の原因は特定されており、これらを解消することがいぼ痔の根本を絶つことにつながります。たとえ手術で切り取っても、いぼ痔の原因を理解せずに生活していて再発する方が多くいるようです。

 

国内で有名な痔の治療のスペシャリスト・蓑田知幸先生が家でいぼ痔を治療・改善する方法を公開しています。もしいぼ痔の痛みでお悩みなら、ご自宅でお役立てください。

 

⇒ 家でいぼ痔の痛みを抑える方法の詳細

家でいぼ痔の痛みを抑える方法関連ページ

なかなか引っ込まないいぼ痔を家で治療・改善する方法
直腸の内側にできたいぼ痔(内痔核)が引っ込まなくなると痛くて辛いですね。病院で診察されるのも恥ずかしいので、家でいぼ痔を治療・改善する方法を紹介します。
家でこっそり痔を治す方法
恥ずかしくて病院へ行けず痔の痛みに悩んでいる方へ。家でこっそり痔を治す方法を紹介します。
いぼ痔が引っ込まず痛いときの応急処置
実体験をもとにいぼ痔が引っ込まないときに痛みを和らげる応急処置を紹介します。
いぼ痔・切れ痔になる3つの原因と一人自宅で治せる理由とは?
裂肛(切れ痔)、痔核(いぼ痔)になる共通した3つの原因があります。それらを知り原因解消に努めれば、家で一人、効果的に痔の治療をすすめることができるのでご安心ください。
いぼ痔の手術で入院せず、一人で治す方法
いぼ痔を手術で切らず、自宅で治す方法
いぼ痔の正体「うっ血」を予防する超簡単かつ効果的な方法
いぼ痔の正体は肛門近辺に溜まる、静脈由来の「うっ血」です。お尻に負担をあたえることにより生じる圧力が原因となっています。これを未然に防ぐ超簡単かつ効果的な方法をご紹介します。